2016年1月7日木曜日

春の七草

七草(ななくさ)は、人日の節句1月7日)の朝に、7種の野菜が入ったを食べる風習のこと。
元々の「七草」は秋の七草を指し、小正月1月15日のものは「七種」と書く。この七種も「ななくさ」と読み、一般には7日正月のものを七草と書くなど、現在では元々の意味がわからなくなり、風習だけが形式として残った。これらの事から、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられるようです。

春の七草は、それぞれの薬効成分やビタミン類など体にとても良く、日本人の知恵が生んだ薬膳料理といえるでしょう。
家族の健康のためにも末永く伝えていきたい行事です。 
最近ではスーパーでも七草セットが売られています。無理に七草全部でなくても、その中のいつでも手に入るダイコン、カブ、セリなどでも良いのではないでしょか?
ちなみに7草は
1.芹(せり)-------川辺・湿地に生える。
2.薺(なずな)------ペンペン草。
3.御形(ごぎょう)----母子草。
4.繁縷(はこべら)----小さい白い花。「はこべ」。
5.仏の座(ほとけのざ)--正しくは田平子(たびらこ)。
6.菘(すずな)------蕪(かぶ)。
7.蘿蔔(すずしろ)----大根。
         のようです・・・・ 七草粥が食卓に並んだお宅もあったのでしょうか?
昨日が小寒、冬なのですが嬉しいのか実感は?イマイチ

秋の七草、皆さんはご存知ですか?

参考に、秋の七草とは次の7つのことで、秋を彩る植物として親しまれているようです。
・萩(ハギ)
・桔梗(キキョウ)
・葛(クズ)
・藤袴(フジバカマ)
・女郎花(オミナエシ)
・尾花(オバナ/ススキのこと)
・撫子(ナデシコ)

春の七草は、1月7日の七草粥として有名ですが、秋の七草には直接何かをする行事がなく、主に観賞用。そのためか意外に覚えられず、すぐに忘れてしまうようです……

0 件のコメント: