2013年10月10日木曜日

第50回東海北陸公民館大会・愛知大会に参加

平成25年10月9日~10日愛知県半田市で開催された、第50回東海北陸公民館大会に参加しました。9日は台風影響を受け、日中雨、しかし夕方からは何とか晴れ、翌日10日は台風一過晴天、いずれにしても暑い2日間でした。




 
 
会場となった雁宿ホールの1300席は、東海北陸6県(石川・岐阜・福井・愛知・富山・三重)からの参加者で満席、因みに内、高岡市公民館連絡協議会としての参加者は21名でした。初日開会行事後の記念講演は、講師:新美南吉記念館長 山本英夫氏の演題:新美南吉の「人」と「作品」でした。






 
2日目:第1~第6迄、6つある分科会の内、「公民館の管理運営のあり方」をテーマとした第1分科会に出席、三重県名張市と愛知県岩倉市からの2つの発表を拝聴しました。
発表の中身、その後の出席者からの質問等々、今後の公民館・・・に少しでも役立てられたら良いと感じて(思って)います。いずこの公民館もそれなりに御苦労されているようでした。
 大会後の昼食に入ったお店は、東海北陸・・・の団体さん勢ぞろい、どれが高岡市からの分でしょうか? お店の近くのお宅の塀からたわわに実ったみかんが・・・
(昨年10月25日フラワーグリーンバスで訪れたお店、みかんも同じ樹でした。)






 
 今回の開催地となった半田市は市内のあちこちに「新美南吉生誕百年」の看板が目につきました。

0 件のコメント: