2009年12月30日水曜日

年忘れ餅つき大会(2009年12月30日)

2009年12月30日、『年忘れ餅つき大会』を行いました。


この写真は、もち米を蒸しているところです。

蒸しあがったもち米を臼に移して、杵でつきます。


餅つきは、やはり威勢の良い掛け声が場を盛り上げます。
メガネを掛け、青いジャンバーを着た上石瀬の名物親父こと三島さん(写真中央)が威勢のよい掛け声をやってくれました。 三島さんの声はとても美声で、身も心も引き締まり、皆が活気づきました。

餅つきの様子。

日頃のうっ憤や不満、来年の抱負を叫びながら、餅をつき、ストレス解消にもなりました。


上石瀬のちびっ子たちも餅つきをしました。
ゆうだい君、頑張って!!


つき終った臼の中の様子です。美味しそうな餅になっていますね。
これを公民館の中に持って行き、下の写真のように形や大きさを整えます。
つきたての餅はとても美味しかったです。

会長の奥さんからは、大根おろしをかけて食べる方法を教えてもらいました。
食べてみると、めちゃ旨!!
是非皆さんも、やってみられてはいかがでしょうか。


子供たちも大人に教わりながら、餅を整えていました。
皆さま、年忘れ餅つき大会お疲れ様でした。
これで2009年の行事が全て終わりました。
来年も良い年になるようお祈りいたします。
来年もどうかよろしくお願いいたします。
『上石瀬、バンザーイ!!』

1 件のコメント:

会長 さんのコメント...

年忘れ餅つき大会、本当に各ブロックより多数参加者がそれぞれ楽しんでいただいたものと思っています。もち米「新大正」40キログラムを、結果は18臼朝9時から午後3時過ぎまでかかってつきあげました。お約束どうり加工は各参加者が実施、延ばしたり丸めたり、アンコを入れたりしながら、つきたての餅を賞味しました。同時に自分で年越しソバを打つコーナーもそれなりににぎわっていました。平成21(2009)年のしめの行事としてぢ盛況に、しかも天気予報的に絶望かと思っていた空模様の方も
終了間際の午後3時過ぎまでもえくれ、テントをぬらさずその日のうちにしまって終了できました。公民館内で行った反省会では、今年の上石瀬のトピックスもみんなで選考し後日発表する事としました。本当にみなさんの強力な協力で無事、各行事を終了できました。感謝・感謝の気持ちで大みそかを迎える事にも感激しています。平成22年も変わらぬご理解・ご協力・ご愛顧をヨロシクお願い致します。